掲載日
【第2回】令和元年台風19号により発生した災害廃棄物の応援処理の実績を報告します。

 令和2年5月25日(月)より搬入を開始した宮城県大崎市の
2回目の災害廃棄物の搬入量は以下のとおりです。

 日付  1台目  2台目  合計
5月25日 3,590kg 3,770kg  7,360kg
5月26日 3,880kg 3,250kg  7,130kg
5月27日 3,250kg 3,950kg  7,200kg
5月28日 4,470kg 4,480kg  8,950kg
5月29日 4,350kg 4,230kg  8,580kg
6月1日 4,520kg 4,190kg   8,710kg
6月2日 4,540kg 4,510kg   9,050kg
6月3日 4,280kg 4,300kg   8,580kg
6月4日 4,280kg 4,260kg   8,540kg
6月5日 3,620kg 4,460kg   8,080kg
5月25日から6月5日の搬入量 合計 82,180kg

次回は、6月16日から7月14日の約4週間応援処理を行います。
➢6月16日から7月14日の搬入量    約189トン

なお、1回目の搬入量等はこちらをご覧ください。